浸水した家屋の消毒について

浸水した家屋の感染症拡大のリスクを防ぐため、浸水したところの洗浄や拭き取りにより十分汚れを除去して乾燥させた後、消毒をし衛生対策を行ってください。

消毒する手順

1.汚水などに手を触れる際には、ゴム手袋やビニール袋等を使い、直接素手で触れないようにしましょう。

2.家の周囲や家の中、床下にある汚泥など不要なものを片付けてください。

3.床下はぞうきん等で給水し、扇風機などにより強制的に乾燥させましょう。

4.汚れた家具や床、壁などは、水で洗い流すか、ぞうきんで水拭きするなどしてください。

5.汚れた場所の消毒は、消毒するものの材質(布、木、金属、コンクリートなど)に合わせた消毒液を用いてください。

6.作業後は、石けんでよく手を洗いましょう。

消毒方法について

消毒液を使用する際は、取扱い説明書に従い、事故が起こらないよう注意してください。いろいろな濃度のものが市販されているので、希釈倍率には注意してください(購入時に販売店で確認してください)。

消毒する箇所

消毒液 作り方 使用方法

屋内の水に浸かった壁や床、家財道具

 

0.1%次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤でも可)例:キッチンハイター

 

水1リットルに対して10%次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター)をペットボトルキャップ4杯

泥などの汚れを洗い流すか、ぞうきんなどで水拭きしてから、十分に乾燥させる。次に、調整した液を浸した布などでよく拭く(噴霧器を使用する場合は、濡れる程度に噴霧する。その後風通しをよくしてそのまま乾燥させる)。

 

食器類

 

0.02%次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤でも可)例:キッチンハイター

水1リットルに対して10%次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター)をペットボトルキャップ1杯弱

 

食器用洗剤で水洗いする。次に、調整した液に5分間漬けるか、調整した液を含ませた布で拭き、その後、水洗い・水拭きする。その後、乾燥させる。

 

手や指は、汚れを石けんで洗った後、流水で流し、清潔なタオルなどで乾燥させた後、アルコールで消毒してください。

注意事項

取り扱う際には、長袖、長ズボン、めがね、マスク、ゴム手袋などを使用し、皮膚や目にかからないよう注意する。

皮膚についた場合は、大量の水と石けんでよく洗い流す。目に入った場合は、水で15分以上洗い流し、医師の診察を受けましょう。

使用する直前に希釈し、希釈濃度を守ること。

 

他の消毒液や洗剤と混ぜないこと。

関連事項

厚生労働省 被災した家屋での感染症対策(外部リンク)