七夕(たなばた)

七夕イラスト1

 

 

 

 

 

7月7日は「七夕(たなばた)」の日です。
「 天の川(あまのがわ)」に隔てられて住む「こと座の星・ベガ」と「わし座の星・アルタイル」が、
  年に一晩だけ川を渡って会うことを、特別に許された日です。
日本の伝説でベガは「織姫(おりひめ)」、アルタイルはベガの夫で「牽牛(けんぎゅう)」として知られています。

どんな伝説なのか、簡単にご説明しましょう。

昔、機織り(はたおり)のじょうずな「おりひめ」という女性と、牛の面倒をみるのが上手な「けんぎゅう」という男性がいました。
二人はめでたく結婚をしたのですが、生活があまりにも楽しくて働かなくなってしまいました。
それを知った織姫の父「天帝(てんてい)」はとても怒り、二人を「天の川」を隔てて引き離しました。
そして、「年に一度、7月7日の夜」だけ、会うことを許したのです。

七夕笹

この時期に全国で多くの「七夕祭り(たなばたまつり)」が行われ、願いごとが書かれた短冊(たんざく)を笹飾りに結びます。