社会保障・税番号(マイナンバー)制度について

平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(番号法)が成立し、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が導入されます。
マイナンバー制度は、住民票を有する全ての人に一人ひとりに異なった12桁の個人番号(マイナンバー)を付番し、社会保障・税・災害対策の行政手続きにおいて個人番号を活用する制度です。
マイナンバーは「漏えい等により不正に使われるおそれがある場合」を除いて、一生変更されることはありません。

今後の主なスケジュール

平成27年10月
マイナンバーが付番され、番号の記載された紙製の通知カードが郵送されます。
住民票の住所にマイナンバーを記載した通知カードをお送りしますので、今のお住まいと住民票の住所が異なる人は、お住まいの市町村に住民票の異動をお願いします。

平成28年1月
マイナンバーの利用が開始され、希望者には申請によりマイナンバーカード(ICカード)が交付されます。
マイナンバーカードは顔写真付きICカードであり、本人確認の身分証明証として利用できるほか公的個人認証サービスによるe-Taxなどの電子申請ができる予定です。

平成29年1月
国の機関の間で情報の照会・提供が開始されます。

平成29年7月 
地方公共団体等の間においても情報の照会・提供が開始されます。

マイナンバー制度に関するお問合わせ先 
平成26年10月1日から、国によりマイナンバー制度に対応するコールセンターが開設されています。
・日本語窓口 :TEL 0570-20-0178
・外国語窓口 :TEL 0570-20-0291

開設時間
平日午前9時30分~午後5時30分(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
平成27年10月から平成28年3月までの半年間は、平日の開設時間を20時まで延長します。年末年始を除く土曜日、日曜日、祝日も17時30分まで開設予定です。
マイナンバー制度の詳細は、次の内閣官房ホームページよりご覧ください。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/portuguese.html (外部リンク)