熱中症にご注意ください

気温が30度を超える日が増えてきました。
熱中症は屋外だけではなく、屋内でも発生します。
予防には十分な水分補給とともに、もし熱中症にかかったら適切な応急処置が必要です。

熱中症対策 
・熱中症とは

気温が高い環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れることにより発症します。
放っておけば、死に至る可能性もありますが、予防により熱中症を防ぐことができ、また、応急処置を知っていれば救命ができます。

・こんな人は要注意
– 高齢者 
– 乳幼児 
– 持病がある人
– 体調の悪い人
– 肥満の人 
– 暑さに慣れていない人 

・予防のポイント
– 日傘、帽子の着用、涼しい服装
-こまめに休息、日陰を活用
– こまめに水分、塩分を補給
– 無理をせず徐々に身体を慣らす
– 扇風機やクーラーを活用し、温度調整するように心がける
– 体調の悪いときは無理をしない

 ・熱中症の症状 
  こんな症状があったら要注意
– めまい、失神
– 筋肉痛・筋肉の硬直
– 大量の発汗
– 頭痛・気分の不快・吐き気・おう吐・倦怠感・虚脱感
– 意識障害・けいれん・手足の運動障害
-高体温

熱中症になったときの対応 
 早めの受診が必要です

意識がある、反応がある場合
1-涼しい場所へ避難
2-衣服を脱がせ、身体を冷やす
3-水分・塩分を補給
4-水分を自力で摂取できなかったり、症状が改善しなかったら医療機関へ搬送

意識がない、反応がおかしい場合 
1-救急隊の要請
2-涼しい場所へ移動
3-衣服を脱がせ、身体を冷やす
4-医療機関へ搬送

お問い合わせ先:大泉町保健福祉総合センター健康づくり課 電話 0276-62-2121