熱中症にご注意ください

新型コロナウイルス感染症予防などでマスクを着けているときは、体内に熱がこもりやすくのどの渇きに気づきにくいため、普段以上に十分な水分補給が重要です。

また、マスク着用時は、熱中症のリスク高まるので激しい運動は避けましょう。

熱中症とは

熱中症は、気温と湿度が高い環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れることにより発症します。屋外だけでなく室内でも暑さを避けましょう。

症状

  • めまい、筋肉痛、こむら返り
  • 大量の発汗、高体温
  • 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害

こんな人は要注意

高齢者や乳幼児、持病がある人、体調が悪い人、肥満の人など

予防のポイント

  • 喉が渇いていなくても、こまめに水分・塩分を補給する
  • 帽子や日傘を使用して、涼しい服装を心がける
  • こまめに休息し、日陰を活用する
  • 無理をせず、徐々に体を慣らす
  • 扇風機やエアコンを活用し、温度調整する
  • 体調の悪いときは無理をしない

熱中症になったときの応急処置

意識がある、反応がある場合

1.涼しい場所へ移動する

2.衣服を脱がせ、身体を冷やす

3.水分、塩分を補給する

4.症状が改善しなかったら、早めに医療機関へ

意識がない、反応がおかしい場合

1.救急隊の要請

2.涼しい場所へ移動

3.衣服を脱がせ、身体を冷やす

4.医療機関へ

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
電話番号:0276-62-2121
窓口の場所:保健福祉総合センター1番窓口