「女性に対する暴力をなくす運動」期間

11月12日(金曜日)から11月25日(木曜日)は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

配偶者などからの暴力、性犯罪、売買春、人身取引、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為は女性の人権を侵害するもので、決して許されるものではありません。
パートナーや恋人からの暴力で悩んでいる人は、関連リンクの相談窓口へご連絡ください。また、身近で悩んでいる女性がいる場合は、相談窓口を紹介してください。

相談窓口

大泉町配偶者暴力相談支援センター

DV(ドメスティック・バイオレンス)被害者に対する身近な相談窓口として、専門の相談員による相談を受け付けています。

  • 電話番号:0276-20-3988
  • 受付:月曜日から金曜日の(国民の祝日および12月29日から翌年の1月3日を除く)午前9時から午後5時(正午から午後1時までを除く)

DV相談+(プラス)

  • 多言語による相談ができます(チャット相談のみ)
  • 受付:正午から午後10時
  • 言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語、ベトナム語、ネパール語、インドネシア語

なお、電話による相談は日本語のみで、24時間可能です。
電話番号:0120-279-889
チャットで相談後、メールでも相談ができるようになります。

DV相談+(プラス)HP:(HPからチャット相談が申し込めます)
https://soudanplus.jp/

お問い合わせ

企画部 多文化協働課
電話番号:0276-63-3111
窓口の場所:庁舎2階15番窓口