警戒レベルを用いた防災情報の発信について

2019年6月から、集中豪雨や台風などによって、水害や土砂災害などの災害が発生したとき、住民のみなさまがとるべき行動を直感的に理解できるよう、避難情報を5段階の警戒レベルを用いてお伝えしています。

危険度

警戒

レベル

取るべき避難行動など

発表される避難情報など

5

すでに災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報(さいがいはっせいじょうほう)
4 速やかに避難先へ避難しましょう。外に出ることが危険な場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

避難勧告(ひなんかんこく)

避難指示(緊急)(ひなんしじ(きんきゅう))

3 避難に時間がかかる人(高齢者、障害者、乳幼児など)とその支援者は避難しましょう。その他の人は、避難の準備をしましょう。

避難準備(ひなんじゅんび)

高齢者等避難開始(こうれいしゃとう ひなんかいし)

2 避難に備え、ハザードマップ(大泉町総合防災マップ)などで、自分の避難の方法を確認しましょう。

注意報(ちゅういほう)

1 災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報(そうきちゅういじょうほう)

警戒レベル1・2については気象庁が発表し、警戒レベル3から5は、防災行政無線などを使って町から緊急の呼びかけをします。

警戒レベル3が発令されたときは高齢者などは避難、警戒レベル4が発令されたときは全員が速やかに避難してください。警戒レベル3・4が発令された場合は、地域の人と声を掛け合って、安全・確実に避難してください。

なお、警戒レベルは、必ずしも1から5の順番で発表されるとは限りません。町から避難情報が発令されていない場合でも、天気予報などを参考にして、適切な避難行動をとりましょう。

いざというときに、安全に避難するために、普段から総合防災マップや防災マニュアルで、避難場所や避難経路などを確認しておきましょう。

大泉町総合防災マップ

大泉町防災マニュアル